資産運用を検討している方は、国債に注目していることがあります。
個人向け国債もその1つです。国債は、確かに安定性に関するメリットはあります。しかし換金するのに時間がかかりますし、株の方が良いという意見も多いです。 国債よりもリターンが大きい株式取引 株の場合、確かにリスクはあります。株価が暴落すれば、損失が発生する事もあるのです。

それに対して個人向け国債の場合、そこまでリスクが高い訳ではありません。少なくとも国が担保している商品になりますから、株よりはローリスクではあります。 その代わり、個人向け国債はリターンのデメリットがあります。
銀行の預金口座のように、一定期間が経過すれば利息は受け取れるのですが、最低保証は0.05%前後になるのです。

それに対して株の場合は、お金を大きく動かすことができます。確かに株価は下落する可能性もありますが、上昇する事もよくあるのです。

そもそも株取引のリスクを抑えたいなら、少額投資する方法もあります。一気に多くの枚数を買うのではなく、少額ずつ複数枚保有すると、かなりリスクを抑えることができます。工夫すれば、ローリスクな取引も可能なのです。 国債よりも遥かにスピーディーに換金できる ところで利息を受け取る金融商品と言えば、定期預金もあります。

その預金商品の場合は、原則として満期まで口座解約できません。肝心の利息を受け取るまでは、若干時間がかかるのです。 個人向け国債も、やはり時間がかかります。最低でも1年ぐらい経過しないと中途換金できません。

それに対して株式取引の場合は、比較的スピーディーに利益を受け取ることも可能です。そもそも株トレーダーの方々は、短期取引している事もよくあります。午前中の時間帯などは、株価は比較的大きく動きますし、デイトレしている方々も少なくありません。 株は、数時間後に換金する事も可能なのです。

しかし個人向け国債の場合は、最低でも1年ぐらいかかってしまいます。 満期まで待たずに短期売却できる株 また国債は、満期まで比較的長いです。一番短い商品でも、3年ぐらいは国債を保有し続ける必要があります。一番長い商品は10年ぐらいになるのです。
定期預金と同じく、かなり時間がかかります。 それに対して株取引の場合は、10年も待つ必要はありません。
本人が希望すれば、当日売却する事もできます。

もちろん株も長期保有する事はできます。短期も長期も可能なのは、株取引の大きなメリットと言えます。” から “お店で買い物をすると、ポイントが発生する事もあります。コンビニで買い物すれば、ポイントを受け取れるでしょう。
その使い道に困っている時は、株取引がおすすめです。

ポイントを増やせる可能性もあるからです。 受け取ったポイントは株取引で活用できる コンビニなどで受け取ったポイントは、使い道に困ってしまう事があります。
現金として使うことも可能ですが、ポイントに対応していないお店もあります。
また現金として使うためには、一定以上はポイントを貯める必要があります。

あまりポイントが貯まっていなければ、使い道もなくなってしまう訳です。せっかく発生したポイントを有効活用できないのは、少々もったいないという声もあります。 ところでその使い道の1つに、上述の株取引がある訳です。
ポイントを現金のように使用し、株で資産運用していく訳です。

幸いにもポイントによる株投資は、少額投資できます。
それこそ500円相当のポイントで始める事も可能です。数万円や数十万円などのまとまった資金がなくても、資産運用できる訳です。 もちろん株価が上昇した時は、利益が発生します。

ある時は500円相当だったポイントが、数ヶ月後に503円ぐらいに増えている事もあります。 ポイントによる資産運用が可能なのは株のみ ちなみにポイントに対応しているのは、今のところは株だけです。
他の投資商品の場合は、ポイントでお金を動かすことはできません。 例えばFXの場合、現時点ではポイントには対応していません。また先物取引も、ポイントは未対応の状態です。ポイントで資産運用できるのは、あくまでも株に限られる訳です。

手数料も実質無料になる ちなみにポイントで取引するためには、指定の金融会社に手数料も支払う事にはなります。
しかし実質的には、その手数料も無料になるのです。
というのもポイントで取引をする場合は、毎月ポイントがプレゼントされるからです。手数料と同額のポイントを受け取れますから、手数料もかかりません。
現金で現物の株取引をするよりも、かえってポイントで取引する方が手数料が安く済む事もあります。 ただしポイントで株取引するなら、銘柄も選ぶ必要はあります。

株価が高めな銘柄ですと、やや大きな資金が求められるからです。 ですが幸いにも、100円以下の銘柄も沢山あります。1枚だけで取引することもできますし、あまり大きなお金を準備しなくても問題ありません。 せっかくお店で買い物してポイントを貯めても、使わないのも勿体ないです。ポイントを有効活用したい時は、株取引も検討してみると良いでしょう。”